【解答】

ここでXY平面上にA’B’C’を示すと以下のようになる。

動点はABC、DEFそれぞれの正三角形の辺上を動いているので断面はA’B’C’内にあり正三角形の対象性により、動点がBC上、CA上にある場合も同様に考えて図示すつと求める断面は以下の黒塗りのようになる。(それぞれの頂点をe,f,gとおく)