まさか、ブログで、二回も連続で、追悼の意を表することになるなど思ってもみなかった。

竹内結子。本当に好きな女優だった。

まだ一歳にもみたない子どもがいるのにとか、長男もまだ成人していないのにとか、ファンだってたくさんいるし、仕事だってたくさんあったのにとか、いろんな思いが去来した。

産後の鬱だったのかもしれない。強い自分を演じることに疲れてきていたのかもしれない。今までの役柄の暗い部分を背負いこんでしまったのかもしれない。コロナ禍で精神が落ち込んでしまっていたのかもしれない。新しい旦那さんとの間に何かあったのかもしれない。

すべては推測

もう本人は亡くなってしまった。誰もがもう二度と会えなくなってしまったのだ。

悲しむ人がいる。苦しむ人がいる。もう会えなくなる人がいる。自分を責める人がいる。

もう理屈では考えられない状態になってしまっていたのだろう。

そう思うといたたまれない。

希代の女優。竹内結子。ただ安らかに眠れ。