なぜ授業を受けてばかりなのでしょうか?

本番では、 自分一人で とかなければいけないのに。
 私はこの疑問はこの業界に入って常に持ち続けてきました。
 生徒一人ひとりを見るに、あまりにも授業を受ける時間ばかりが長く、本番形式で演習するという時間が絶対的に足りないのです。
 結局その不安感につけこまれて、予備校や塾に多くのお金をつぎ込んだ結果にべもなく落ちるということはかなり多く見受けられるようです。
高上の最大の特徴は生徒一人一人に解ける力を身につけさせるというもの。
 演習なくしては医学部の合格などありえません。
 そうは言っても生徒それぞれ理解度も演習能力も違います。
そもそも演習する力がなければ解くことは出来ません。
よって高上では、 生徒一人ひとりの状況を正確に見極めて指導演習宿題の補充プリントを駆使して効率良く成績を上げていきます。