札幌の医学部大学受験専門予備校なら、個室指導の高上にお任せください。医学部出身の現役大学生講師から講師歴15年以上の代表の指導が、マンツーマンかつ個別かつ個室にて受けられます。静かな環境で集中して問題を解くことで質の高い授業を受けることができます。

代表からのごあいさつ

佐藤一行 通訳案内士(17466号) TOEIC990点  英検1級

予備校の意義とはなんでしょうか? 一つしかありません。生徒が希望する大学に合格させること。

そして、日本の大学受験において、もっとも厳しい闘いはなんでしょうか?

医学部受験です。

日本の教育制度上、法学部に入らなくても弁護士にはなれます。数学の研究がしたければ、独学ですることも可能です。しかし、医学部に入らなければそもそも医師国家試験が受けられません。

指導歴も15年をこえました。今まで私は、

「医師の適性がある純粋な意思をもった若者たちが、無責任な講師の方針に従い落ちる。」

「藁にも縋る思いを利用され、保護者達が予備校や塾に半ば脅されるかのようにたくさんのお金を支払った結果、どこにも合格せずに終わる。」

そのような現実を何度も目の当たりにしてきました。

教育をお金儲けの手段と考えている者のもとで習えば至極当然の結果でしょう。

ここで断言いたしますが、本人に一定のやる気と能力があるにもかかわらず、合格できないのであれば、それはもはや指導する側の責任なのです。

「他人のせいにするな」

とはよく聞く言葉ですが

「他人の所為で失敗する」

ことが現実にあるのです。

そして、医学部受験とは、きちんとした制度の下、そのような生徒が努力をすれば、驚くほど高いハードルでもないのです。

私にとって、教育はお金儲けの手段などではありません。

だからこそ、高上は、お金で合格を買えると思っている御家庭の指導は断ります。

無気力な生徒の指導はお引き受けしません。

時に厳しい現実を率直に伝えます。

高上の方針に理解がないと判断した場合、途中で指導を断ることさえありました。

そこに対し、私には何の後悔もございません。

耳障りの良い授業をやったら効率よくお金が稼げるでしょう。

手取り足取り丁寧に計算を解いて見せたら多くの生徒が喜ぶでしょう。

英単語の暗記のよりも、易し目の文章読解や文法解説を聞いていたい学生も多いでしょう。

そのようなことも一切いたしません。

高上では、時に生徒をしかりつけます。

高上では、計算練習を本人に自力でさせて間違いも自分で発見させます。

高上では、英単語を本人に暗記させます。

高上では、とにかく演習を徹底します。

だからこそ苦しいのです。

だからこそ不満もたまるのです。

そして、だからこそ力がつくのです。

合格して、最後に笑えるのです。

私は、楽しく授業を展開し、ほめて成績を上げるすべなど持ちません。

決して高いハードルではないけれど、楽して越えられるものでもないのです。

医学部に合格したいのであればそれ相応の覚悟を持ってきてもらいたい。

医者になって人の命を預かるとなれば、医学部受験などで人生を棒に振っている時間などないはず。

本気で医者になりたいのであれば、その覚悟をもって、医学部受験に臨み、そして乗り越えるべきなのです。

命を預かることは、医学部受験などよりもずっと重いことなのだから。

その覚悟に触れて指導できること。

それこそが私の一つの存在意義なのでしょう。

お知らせ

理科の先取学習に関して執筆しました。

理科の進度が遅くて困っている受験生、高校1、2年生向けに書きました。 高上では、理科4科目(物理、化学、生物、地学)すべて指導可能です。 こちらとなります。

2021年夏期講習の申し込み開始!

2021年の夏期講習の申し込みを開始いたしました! 内容はこちらからご確認ください。この夏を有意義なものにすべく、全力を尽くさせていただきます。   夏季講習のご紹介

高上の数学について追記しました。

高上の演習とはどんなものなのかを説明しました。 高上でな数学の成績が上がるのかお分かりいただけるかと思います。 こんな時期だからこそ、焦らないで味わいのある数学の世界を。 そう思ってやみません。 こちらです。

高上の医学部合格について改めてお知らせしておきます。

高上の医学部合格の内訳について、ブログにて説明しておくことにしました。気なる方はご覧ください。    

高上のコロナの取り組みについてお伝えします

高上は新型コロナウイルスにたいしての取り組みを行っております。 こちらをご確認ください。

ブログ

秋模試とその結果の使い方

北海道大学医学部医学科に現役合格したトムである。今回は私の秋模試の結果とどのようにその模試を活用したかを書きたい。 模試の秋 10月から11月にかけて模試が立て続けに土日に入り、とてもバタバタとしたと思う。土日の休みが無 …

帰国子女から見た日本の英語教育

高上で講師をしているトムです。今回は帰国子女から見た日本の英語教育について考察したい。 海外での英語の授業 私は幼稚園の年長から小学校の2年生までアメリカに住んでいた。日本の中学校の英語の授業は概ね海外の小学校の授業レベ …

受験激戦区から見た北大医学部医学科

北大医学部を第一志望としている方には、いささか不愉快かもしれません。しかし、僕にとって北大の医学部はすべり止めであり、第一志望ではありませんでしたし、正直落ちる気はしませんでした。 結果、第一志望である慶応医学部の補欠合 …

めんどくさがりでゲーム好きは数学が伸びる?!

クラスの中で必ず一人ぐらいは、数学がめちゃくちゃできていつもクラスで1位みたいな人がいると思う。その人と普通の人の違いについて私の経験上、個人的意見も加えながら分析していこうと思う。   まず、できる人はめんど …

慶応の薬学部に受かった話

こんにちは。高上の数学講師を務めている芳野です。 今回は自分が慶応の薬学部にどうして合格できたのかを自分なりに分析していこうかなと思います。   まず、一番言いたいことは化学のアミノ酸や高分子あたりを本番までに …

PAGETOP